大分・臼杵で高級住宅を建てる際のポイントとは?内装や外観の特徴も紹介

念願のマイホーム!高い天井にシャンデリア、大理石の床・・・理想的な高級住宅を建てたいとお考えの方も多いのではないでしょうか。

高級住宅を建てる上で、以下のような悩みや希望を抱く方も少なくありません。

「高級住宅の外観や内装・間取りの特徴を知りたい」

「どの専門業者が高級住宅に適しているのだろうか」

「高級住宅を建てる前に気をつけるべき事はあるの?」

価値ある高級住宅を建てたいとお考えの方に、本記事では大分・臼杵で高級住宅を建てる際に押さえておきたいポイントを解説します。

 

1.高級住宅の内装・外観・間取り、得られるメリット

まずは高級住宅における、内装・外観・間取りの特徴について説明します。高級住宅によって得られるメリットや、どういった方が高級住宅を建てるのに向いているのかもご紹介いたしますので、参考になれば幸いです。

 

1-1. 高級住宅とは

高級住宅の定義はありませんが、高級だと建物を印象づけるのはデザインと素材感、空間の余白です。塀や天井が高く、全面ガラス張りの外観には、空間的余裕が感じられ「これぞ高級住宅」といった印象を抱かれるのではないでしょうか。

また木やタイル・大理石などは、高級住宅ではよく用いられる素材ですが、これらの素材は通常使用される素材よりも、もちろん費用が高く、特にメンテナンスが必要なものもあります。

 

1-2. 高級感を得られる内装・外観・間取り

高級住宅が醸し出す高級感は、木やタイル・大理石などの素材感、照明や家具の配置といった空間的なコーディネートの要素によって決まります。

また、空間的な余裕は高級感を印象づける重要な要素であり、高い天井や空間の内外をつなぐ窓の配置、庭を含めた外部環境との関係性も考慮に入れる必要があります。

 

1-3. 高級住宅で得られるメリット

こだわり抜いた本物の素材感や贅沢に取った空間的な広がりは、住む人の精神的な満足につながります。文字通り人生のホームであり、日々立ち返る場所が自身のモチベーションを上げてくれる場所であることには十分な価値があります。

 

1-4.高級住宅を建てるのにおすすめな人

「衣・食・住」のうち、「住」は意識せずとも必要となる要素です。選び抜いた本物の素材に囲まれ、余裕をもった空間で過ごすことで精神的な満足感や安らぎを感じたいという方に高級住宅は向いています。

また、そういった住宅は誰の目にも魅力的なもの。街のシンボルとなるような住宅に住んでいたいと望む方にもこういった住宅をおすすめすることができます。

一方「なんとなくかっこいいから」という理由で、高級住宅を建てるのであれば、十分な検討が必要でしょう。

高級住宅に満足がいくのも、「衣」と「食」がそろってこそのもの。「住」にのみ投資が偏らないよう、注意が必要です。

 

2. 高級住宅がオーダーできる専門業者

高級住宅をオーダーするのであれば、大手ハウスメーカーやそういった住宅の施工を得意とする工務店、あるいは設計事務所に依頼する方法があります。そういった業者を選ぶ際の注意点がありますので、一緒に確認をしていきましょう。

 

2-1.確かな設計力があるか

高級住宅をオーダーできる専門業者として設計事務所があります。設計に特化しているからこそ、斬新で自由度の高い提案にも期待できるのが設計事務所の利点です。デザインや住み心地など、高級住宅に対しこだわりがある方にはこの選択肢をおすすめします。

 

2-2.素材の特性を理解して施工をすることができるか

確かな設計力をもったパートナーと出会えたら、建築地の風土や気候、周辺環境に適した設計と施工をしてもらえるかをチェックすることが重要です。気に入った素材があったとしても地域の気候特性によってメンテナンスが難しい可能性もあります。

 

3. 大分・臼杵で高級住宅を建てる際のポイント

高級住宅は素材だけでなく、季節・気候など、地域の特性を把握して建てるのが大切です。高級住宅を建てる際、専門業者に頼む上で押さえるべきポイントを確認していきますので、実際に専門業者に相談する際の参考にしてください。

 

3-1.素材の特性に精通しているかをチェック

高級住宅を建てる上で、素材の特性を理解している方に設計してもらい、施工をしてもらうことが重要になります。

「良質な素材であれば特性はあまり関係ないのでは?」と思われるかもしれませんが、素材の特性に無頓着であったばかりに、施工から数年で大規模な修繕が必要になったケースもあります。

あくまでも一例ですが、億単位のお金をかけて建てた、全面ガラス張りの高級住宅の例をご紹介します。

構想から数年…ついに完成した高級住宅。しかし住み始めてから程なく、断熱性能の低下や結露の噴出が目立ち始めました。ついには施工から数年でカビだらけになり、大掛かりな修繕が必要になりました。

これは周辺環境や気候風土に考慮することなく、デザイン重視で設計を行ってしまったこと。また施工主が素材の特性を熟知しないまま施工を行ってしまったことが原因でした。

このようにせっかく建てた高級な住宅で後悔をしないように、事前にしっかり専門業者とすり合わせをしましょう。

 

3-2.季節・気候の地域特性を熟知しているかをチェック

高級住宅を建てる場所の季節や、気候の特性を熟知している専門業者であるかも重要なポイントとなります。

例えば海の近くでは潮風で錆つきやすいため、金属の外装は不向きです。一般的な素材であればそういった特性はよく知られていますが、高級住宅に用いられるような、珍しい素材であると知られていない場合もあるため、個々の素材について精通をしているかを確認しましょう。

 

【まとめ】大分・臼杵で高級住宅を建てる際のポイント

大分・臼杵で高級住宅を建てる場合、素材はもちろん、季節・気候など、地域の特性を把握して建てるのが大切です。

高級住宅と言えば外観と素材のイメージが強いですが、照明・インテリアなどコーディネート部分も重要な要素となります。空間的ゆとりがあり、人目に付きやすい高級住宅は、精神的な満足感や安らぎを得ることができます。

設計事務所、大手ハウスメーカー、腕利きの地場の工務店に相談をしてみましょう。


お問い合わせ