CLASIK

自分らしくあること

ここちよさというのは、「自分らしくあること」から生まれるとわたしたちは考えます。
萎縮せず、また誇張もせず、ただあるがままにふるまえる環境。
そんな場所にいるときには、とても満たされた気持ちになります。
わたしたちは日々、その居心地のよさ、悪さをあらゆる場所で体験しています。
ただ、わたしたち人間は「心地よい場所」を体験で判断することはできても
まだ見ぬ場所を「どんな家が自分らしいか」と問われたところで、
すぐに明確に視覚化したり、言語化することはかんたんではありません。
しかもその答えはどこにも書いていないし、教えてくれる学校もないのです。

 

家をつくるほんとうの目的

樹の家こころ舎はこの暮らす人の「自分らしさ」を家づくりの中で発見し、
表現(具体化・具象化)していくことに全力を傾けています。
それには暮らす人のことを聴き続け、じっくりとその方のことや、
「家をつくるほんとうの目的」などに触れていくことを大切にしています。
そうすると、だんだんと“その人らしさ”がきれいなあかりのように灯り始めます。
それは、わたしたちの中、そして、大きくお施主さんの中に灯っていきます。
そのあかりがもっと、ずっときれいに輝くように、そのあかりが灯る場所、
その人にとっての「ここちよさ」をわたしたちは全力で追求します。

 

CLASIK  | クラシク

わたしたちは、その考え方や行動のことを「CLASIK  | クラシク」と名付けました。
樹の家こころ舎のサービスは、すべてこの「CLASIK  | クラシク」をむねに
完成する家だけでなく、家造りの最中、そして完成後もずっと同じ想いで お施主様に関わり続けたいと思っております。

 

その家族のここちよさ(家族らしさ)を追求した先に、 「家」というソリューションがある。
わたしたちは住宅価値を多面的にとらえ、本質的な人の幸せを考え続けます。


お問い合わせ