大分・臼杵】家づくりの取りかかりで注意したいポイント!ハウスメーカーに行く前に確認したい3つのステップを注文住宅の専門家の立場から紹介します!

「そろそろ自分の家がほしいなぁ…」

 

家づくりを考えはじめたときに、まず何からはじめたらいいのかについて詳しく説明をしている情報は実はインターネット上にはあまりなく、それぞれの住宅会社での手順であったり、すこしふわっとした手順であったりするのが現状です。

 

かといって、直接住宅会社の店舗に行くのも面倒だし、資料請求をしようにもどういう基準で選んでいけばいいのかもわかりにくいですよね。

 

今回は大分・臼杵で注文住宅をつくり続けてきた経験から、家づくりをはじめてから実際に店舗や資料請求を行う前にしておくとその後の家づくりがスムーズに進む方法をお伝えしたいと考えています。

 

これから家づくりに取りかかる方、すでに始まっているけれど進め方を見直したい方に向けてお話をさせていただきます。少しでも後悔なく、満足のいく家づくりの手助けになればうれしいです。

 

 

1.家づくりの取りかかりで大切にしたい考え方

具体的なステップに入る前にまずは家づくりを進めるにあたってどういった心構えでいるのがいいのかについて、お話したいと思います。

 

この心構えをお伝えするにはまず悪いニュースをお伝えしなければなりません。

それはどれだけの人が家づくりを後悔なく進めることができたのかということです。

 

東京の住宅コンサルタント会社ハイアス・アンド・カンパニー株式会社のアンケート調査によると、住宅を購入された方の約7割が住宅を購入した後になんらかの後悔を経験したとの結果がでています。

 

「家づくりは3回して成功する」なんていう言葉がありますが、10人いるうちの7人が後悔をしているような現実を知ると、納得のいく格言です。

 

ですので、まず家づくりを進めるにあたっては

「しっかりとした手順を踏まなければ7割の確率で家づくりは後悔するものになる」

としっかりと自覚をすることが大事になります。

 

「みんなは失敗してるみたいだけど、自分は大丈夫だろう」

と思ってしまいがちですが、もちろんこれまで家づくりをしてきた方も後悔をするつもりで準備を進めていた訳ではありませんし、自分が後悔をする側に回るとも考えていなかったはずです。

 

しっかりと準備をしてきたつもりでも後悔をしてしまうという客観的な現実を素直に受け止めて、家づくりを進めて行くことを、まずはおすすめしたいと思います。

 

 

2.店舗に行ったり、資料請求をする前にしておきたい3ステップ

では、どうしたら後悔することなく、満足をして家づくりを進めることができるのでしょうか。

後悔しないための3つのステップについて一緒に確認をしていきましょう。

 

2-1.どういった家づくりをすることができるのか本やセミナーで情報を集める

資料請求や直接店舗に行く前にまずしていただきたいのが、本やセミナーに参加をすることで、家づくりに関する正しい情報を集めるということです。

 

住宅購入は言うまでもなく、多くの方にとって人生で一番高い買い物になります。

しかしながら参入障壁の低さから多くの住宅会社が乱立する状態であり、誤解を恐れずにいうならばそれぞれの会社の態度や質も玉石混交といった状態です。

 

運よくよい住宅業者に当たればいい家づくりができますし、不運にも悪い住宅業者に当たれば後悔をすることになりかねません。

 

ですので、自分自身が住宅購入に関してしっかりと正しい知識をもって、よい住宅業者を見極めなければなりません。

 

そういった状態であれば、信頼をできる人に相談をしたいところですが、ご両親やご友人がすでに家を建てられていたとしても、残念ながらほとんどの方は一度しか家づくりを経験できないため、その人にあった的確なアドバイスを行うことは難しいのが現実ではないでしょうか?

 

ですので、これまでたくさんの家づくりに携わってきた専門家の方がわかりやすく書いてくれた本やセミナーに参加をすることで、まずは正しい知識を得ることをおすすめをしています。

 

もちろん、この記事も含めてですが、本やセミナーも書いた人や講義をするひとの個人的な意見が含まれている場合があります。

 

ですので、すべてを受け入れる必要はないですが、どういった家がいい家なのか。

また、どういった住宅会社が自分たちにとってよい住宅会社なのかといった基準をもつために、まずは家づくりに関する本やセミナーに参加することをおすすめいたします。

 

参考

【2020年最新版 家を建てる前に読むべき本5冊|工務店がおすすめ】

後悔しないための【大分・家づくり勉強会】専門家が誰よりもわかりやすく説明します

 

 

2-2.家づくりをすることで何を叶えたいのかを考える

家づくりをしていくうえでの正しい知識を手に入れることができたら次にしていただきたいのが、どうして新しい家が欲しいと思ったのかを明確にすることです。

特に注文住宅を建てたいと思われる方は重視していただきたいポイントです。

 

なぜ、資料請求や直接住宅業者の店舗に行く前にこの手順を踏む必要があるのでしょうか?

 

これは正しい知識をつけることと共通する部分があります。

 

住宅は非常に選択肢が多い商品です。

ハウスメーカーの数にしても非常に多く、地域の工務店や大工さんを合わせると数を数えるのが面倒になるほどです。

 

また、直接店舗に行ったり、モデルハウスをみたりするとどの業者さんも魅力的なことをたくさん教えてくれることと思います。

 

そうしたことを繰り返していくと、どんどんと自分が欲しいと思っていたものよりも、業者さんに欲しいと思わされたものを買いたくなっていってしまうようになってしまいます。

 

ですので、何がいい家で、自分たちにとって家づくりを進めるうえで大切なものは何かを明確にしておくことは非常に重要なポイントと言えます。

 

具体的には、次のことをしてみるといいでしょう。

 

①これがないと家づくりをする意味がないというものを夫婦それぞれで3つ考える

②これがないと家づくりをする意味がないというものを夫婦共通して決める

③なんも気にせずに家を建てられるとしたらどんな家がいいのかを空想する

 

こうして、自分たちにとって何が大事で、何を叶えたいのかを明確にしておくと、それにあった住宅会社を選ぶことができるようになります。

 

参考

大分・臼杵で自分らしい、心地よい家を建てるための準備と手順

 

2-3.いつまでに住み始めたいのかを考える

正しい知識をもって、自分たちにとってどういう家づくりが必要なのかがわかったら次はいつまでに新居に住み始めたいのかを考えましょう。

 

お子さんが小学校に入学するのを機にという方もいらっしゃいますし、家族が増えて手狭だからという理由で新居を望む方もいらっしゃいます。

 

どういった理由で新しい家をつくりたいのかが変わってくるので、住み始めるタイミングは自分で持っていたいですよね。

 

また、こうして自分たちで具体的に時期を決めておくことで、自分たちにあったペースで家づくりを進めることができます。

 

特に遅らせる理由がなければ、早く家づくりを進めてもいいと思いますが、特に急ぐ理由がなければゆっくりと自分たちのペースで進めてもいいのではないでしょうか?

 

家づくりのスピード感は、特に住宅業者を選ぶスピード感は業者側が決めることではなく、あなた自身が決めることだと考えます。

 

参考

【大分県版】住宅購入に適したタイミングと年齢|平均データとベストな時期を解説

 

 

【まとめ】

これまで住宅会社に資料請求や直接訪問をするまえに確認しておきたいポイントを一緒に見てきました。

ざっくりとまとめさせていただいたので、詳しい部分は参考として貼っている記事もみていただけるともう少し内容がわかりやすいのではと思っています。

 

また、こうして取り掛かりについてご説明をしたものの、実際にはなかなか前に進まないことが多いのも実情です。

「理想的にはこういった進め方がいいのでは…」とお話をさせていただきましたが、直観が働けば好きな住宅会社さんを訪ねてみるのもよい選択肢だと思います。

 

あなたの家づくりがあなたにとって、よいものになるために少しでも役に立っていたらうれしいです。

 

 


お問い合わせ