樹の家こころ舎ロゴマーク
樹の家こころ舎CLASIKロゴタイプ
    

【2020年版】土地探し|業者別の特徴や土地探しのポイントをプロ視点で解説します

マイホームを建てたいと思ったときに、

 

多くの人が苦労し、悩むのが土地探しです。

 

 

一生にかかる様々な出費

 

 

大手不動産ポータルサイトの調査によると、

 

土地探しにかけている平均期間は14ヶ月(1年と2ヶ月)であり、

 

しっかりと準備をしておかないと長丁場になってしまいがちです。

 

もちろん、その期間中にも家賃はかかってきますし、

 

その間に大きな病気にかかってしまうと

 

住宅ローンを組む際の条件である団信の条件が悪くなってしまい、

 

住宅ローンの選択肢が狭まってしまう可能性もあります。

 

 

住宅ローンの種類

 

 

 

今回は、後悔のない土地探しをするためのポイントの一つである

 

土地を紹介してくれる業者別の特徴や土地探しのポイントを

 

家づくりのプロの視点からご紹介いたします。

 

満足のいく土地を購入するには、

 

業者別の特徴や土地探しのポイントを押さえておくのが大切です。

 

なるべく専門用語を使わずに簡単にわかりやすく、

 

業者別の特徴から個人で探す際のポイントまで

 

お伝えをして行ければと思っています。

 

業界人だけが知っているウラ話もお伝えしたいと思っていますので、

 

土地探しの参考にしていただけるとうれしいです。

 

 

 

土地探しでお困りのひとはこちらもチェック!

 

【大分版】土地が激安な訳あり事情|買って後悔しない家づくりのための知識

 

 

 

家づくりの進め方についてはこちらもよく読まれています。

 

予算オーバーしない注文住宅の建て方を伝授!後悔しない家づくりの進め方を注文住宅のプロの立場からお伝えします!

 

 

 

大分の「かしこい」家づくりについて

その他のコラムはこちらをクリック!

エコな家

 

1.土地探し|業者別の特徴をメリット・デメリット踏まえて解説

 

まずは、業者ごとの特徴やメリット・デメリットについて確認していきましょう。

 

1-1. ハウスメーカー:情報鮮度が高い/土地への対応度が低い可能性が高い

 

使いやすくかっこいいデザイン

 

ハウスメーカーは、地元の不動産屋の次に情報が早いのが特徴です。

 

不動産業者としても土地をなるべく早く売却したいと考えるため、

 

たくさんの棟数を建てるハウスメーカーに声をかけることが多くなります。

 

特に人気が高い地域ではその傾向があります。

 

住みたいエリアが明確で、

 

「何を抜いてもここに住みたい」

 

という方にはメリットが多いのがこの選択肢でしょう。

 

一方ハウスメーカーで土地探しをする上でのデメリットを挙げるとすれば、

 

そのハウスメーカーで建築しないといけないなど、

 

建築条件付きの場合が多いことが挙げられます。

 

また、多くの棟数を建てられるハウスメーカーの場合、

 

設計がある程度規格化されているため、

 

敷地対応力が低くなりがちな点もデメリットといえるかも知れません。

 

賃貸ではなく、一軒家をもちたいという場合の目的は、

 

「このエリアに住みたい」ではなく、

 

「このエリアでこういう暮らしがしたい」であることが多いかと思いますので、

 

そのハウスメーカーで理想の暮らしを叶えられるのかの検討は必要でしょう。

 

まとめるとハウスメーカーで土地探しをするのに向いている方

 

  • エリアに強いこだわりがあり、土地探しをお願いしたハウスメーカーで理想の暮らしを予算内に叶えられそうな方

 

といえるかと思います。

 

逆に、向かない方

 

  • エリアというよりは土地と建物をセットとして考えたときに、予算内でコストパフォーマンスよく建物を建てたい方

 

になるかと思います。

 

 

1-2.工務店:土地選びの自由度高め/情報の早さでは劣る面がある

 

すまいのフィッティング

 

次に工務店と土地探しを行った場合です。

 

まずメリットとしては、

 

工務店は自由設計で行っているところが多く、

 

敷地対応力が高いことが挙げられます。

 

ハウスメーカーでは施工が難しいような土地でも対応ができることが多く、

 

またそういった土地は相対的に売れにくいため

 

価格が安い傾向にあるのが特徴です。

 

しっかりと理想とするマイホームについて

 

聴き取りをおこなってくれたうえで提案を受けた土地であれば、

 

費用対効果が高い土地購入となる可能制が高いのが特徴です。

 

しかし、情報の早さでは劣るのが工務店のデメリットです。

 

ただしシェアが高い場所や懇意にしている不動産会社があるエリアであれば情報が早いので、

 

気になる際は工務店に聞いてみるのも良いでしょう。

 

工務店と土地探しを探すのに向いている人

 

  • 自分たちの理想の暮らしがあり、土地購入含めコストパフォーマンス高く家づくりを進めたい方

 

逆に向かない方

 

  • どうしても譲れないエリアに対する希望があり、土地購入を優先して進めたい方

 

と言えるでしょう

 

1-3. 不動産会社:土地のプロで情報量は多め/土地のみで建築的な視点が不足

 

災害イメージ

 

最後に不動産会社での土地探しのメリット・デメリットについてです。

 

まずメリットから確認していきます。

 

不動産会社での土地探しは、

 

土地のプロであるために情報量は多く、

 

扱う土地のバリエーションも豊富です。

 

もちろん、情報の鮮度も高いことが不動産業者で土地探しをすることの大きなメリットと言えます。

 

デメリットを挙げるとすると、

 

建築的な視点を活かした提案までは望めない場合が多いという点が挙げられます。

 

たとえて言うならば、不動産業者は八百屋さんで、

 

建築会社(ハウスメーカーや工務店)はレストランです。

 

もちろん、八百屋さんに行けば新鮮な食材がたくさんありますが、

 

その食材が自分たちの食べたい料理にあったものなのかどうかまでの説明は望めません。

 

同じように、不動産業者にいけばたくさんの新着情報が並んでいますが、

 

その土地が自分たちの叶えたい家づくりに対して妥当なものなのかを

 

判断することは難しいかもしれません。

 

たくさんの情報のなかから自分たちにあった土地が

 

どのようなものなのかについては、

 

建築のプロと相談して決めることが、

 

土地探しを長期化させないための重要なポイントの一つと言えます。

 

不動産業者での土地探しが向いている人は

 

  • 自分たちの理想の家づくりが明確で、なおかつ自分で色々な土地情報に触れたい方

 

逆に向かない方

 

  • 家づくりに求めることがあいまいであり、なにが自分たちにとってコストパフォーマンスが高い買い物なのかを確認出来ていない方

 

と言えるかと思います。

 

2. 土地探しで後悔しない業者選びのヒント2点

次に土地探しで後悔しないための、

 

業者選びのヒントを2点紹介します。

 

ここでは、既に希望のハウスメーカーが決まっている場合と、

 

おすすめしない業者について細かく見ていきましょう。

 

2-1.既に希望のハウスメーカーが決まっている場合は多少値引きの可能性も

 

ライフスタイルは十人十色

 

あらかじめ希望のハウスメーカーが決まっている場合、

 

ハウスメーカー経由で購入すると、

 

土地、建物の総費用を低く抑えられる可能性があります。

 

ご希望のハウスメーカーがある際は

 

担当の方にご相談をされてみるとよいかもしれません。

 

ただし、先ほど確認したようにハウスメーカーが紹介する土地の多くは

 

ハウスメーカーが建てやすいような形状のものが多く、

 

住宅用地として人気が高いものになりますので、

 

「破格!」というほど安くなることは期待せずにおきましょう。

 

2-2.工務店を兼ねている不動産会社には注意が必要

 

家は大きな買い物

 

不動産会社が工務店を兼ねている場合、

 

その不動産業者からの土地購入には注意が必要です。

 

すべての業者がそうであるわけではありませんが、

 

土地を売るために家を建てるといった

 

利益主義的な動きをする業者があることも事実です。

 

もちろん、しっかりとしたお家を建てられる業者もたくさんありますので、

 

家づくりについても技術がある会社なのか、確認をしておくことが重要です。

 

反対に、工務店が不動産会社を兼ねている場合は検討の余地があります。

 

ただし、土地の選択肢はあまり多くはない可能性が高いのが実情ですので、注意をしておきましょう。

 

3. 土地探し|個人で探す上で押さえるべき2つのポイント

個人で土地探しを行う際は、

 

基本的にはポータルサイトに載っている情報から探すのが定石です。

 

エリアが決まっている際は、

 

特定の地域に特化した不動産会社への問い合わせも有効でしょう。

 

3-1.基本的には売買市場に載っている情報から探す

 

土地探しを個人で行う際、

 

基本的にはポータルサイトに載っている情報から探すのが定石です。

 

『アットホーム』や『スーモ』といった、大手の土地情報サイトを利用されるのがよいでしょう。

 

「まだ市場に出ていない土地のほうが条件のよい土地があるのでは」

 

と思いがちですが、

 

自分が土地を売る立場になったときのことを想像していただくとわかるとおり、

 

「売るんだったら多くの方の目に触れてできる限りいい条件で買って欲しい」

 

と思うのが人情ではないでしょうか。

 

実際、格安に思えた条件でも建築に適したかたちに準備を進めていくと、

 

結果的に相場価格に落ち着くことが多いといえます。

 

3-2.特定の地域に特化した不動産会社への問い合わせは有効

お目当ての地域が決まっている場合は、

 

特定の地域に特化した不動産会社へ問い合わせをしてみましょう。

 

地元の業者ならではの土地情報を保有している可能性が高く、

 

理想に近い土地が見つかるかもしれません。

 

 

 

【まとめ】土地探し|業者別の特徴や土地探しのポイント

ここまで土地探しで重要となる業者別の特徴や、

 

個人で土地探しを行う際のポイントをお伝えしました。

 

本記事をまとめると以下の通りです。

 

  • ハウスメーカー:情報鮮度が高い/土地への対応度が低い可能性が高い
  • 工務店:土地選びの自由度高め/情報の早さで劣る面がある
  • 不動産会社:土地のプロで情報量は多め/土地のみで建築的な視点が不足
  • 工務店を兼ねている不動産会社はおすすめしない
  • 個人で探す際はポータルサイト等表に出ている情報から探すのが定石

 

求めている土地や建てたい家によって、

 

最適な業者はひとそれぞれで異なってきます。

 

希望する土地や家、条件などを考慮した上で、

 

相性の良さそうな業者を選ぶことをおすすめします。

 

「全く検討がつかない!」

 

という方はまずは3種類全ての業者に足を運んでみるのもよいでしょう。

 

一生に一度の買い物であるからこそ、

 

後悔をせず、もっといえば満足のいく家づくりを進めていただきたいと思います。

 

この記事を読まれたあなたの土地探しが一つでも後悔のないものとなることを願っています。

 

 

 

大分の「かしこい」家づくりについて

その他のコラムはこちらをクリック!

エコな家


 

このコラムを書いているのは…

 

 

 

 

【株式会社樹の家こころ舎】

 

大分市・臼杵市・佐伯市を中心に注文住宅を専門につくる工務店です。

元々、独立して設計事務所を開いていた代表が、

 

「いい図面だけではなく、しっかりと施工まで管理をしなければ、いい家にはならない」

 

と工務店をひらいたことにはじまりました。

 

性能や設計にもこだわりがありますが、

何より、人生でたった一回の家づくり。

家をつくっていく過程そのものを、

楽しいものにしたいとの思いで、

日々お家づくりのお手伝いをさせていただいています。

 

 

 

 

お問い合わせ