樹の家こころ舎

スタッフブログ

「R+HouseってCMでも見ますけど、何なんですか」

金子孝二

2019年 05月 14日 (火)

「R+HouseってCMでも見ますけど、何なんですか」

 

R+Houseは私たち樹の家こころ舎も取組んでいる家づくりの仕組みのことで、

全国の建築家と連携して、断熱性や耐震性に優れた住宅をコストパフォーマンス高く建築できる家づくりのことです。

大分県内では私たちを含めて5社がこの仕組みに共鳴し、R+Houseの家づくりを行っています。

 

「じゃあ、こころ舎さんじゃなくても同じ家が建つってことですか」

 

これもよくいただくご質問ですが、恐らく全く違う家が建つと思います。

 

私たちが扱うのは「完全自由設計の注文住宅」というオーダーメイドの商品です。

ここでは同じオーダーメイドの商品の例として、

彼氏がパートナーにオーダーメイドの指輪をプレゼントするというシチュエーションを想像してみましょう。

 

彼氏は今回全国で活躍するプロのデザイナーさんにデザインを依頼。

作成は地元のこだわりの職人さんにしてもらうことにしました。

 

まずは彼氏とパートナーの二人でデザイナーさんとお話をします。

「こんなデザインがいいかな」

「でも、あんまりごちゃごちゃしてなくて」

「水にぬれてもいいやつがいいです」

すっきりと要望をすべて伝えられるかもしれませんし、

何か言い残した気がするということもあるかもしれません。

 

なかなか時間がとれないというパートナーのかわりに

彼氏は普段のパートナーの様子を思い浮かべて、

 

「いつもこんな服を着ているからこんなデザインがいいと思う」

「でも、結構大雑把なところがあるから使いやすい方がいいな」

「本当はこういうふうなデザインが似合うと思うんです」

 

そんなふうにデザイナーさんに想いを伝えていきます。

 

やりとりを終えて、できあがってきたデザイン案は期待を超えたものかもしれませんし、

これはパートナーのためのものではないと感じるかもしれません。

後者の場合、彼氏はパートナーのためを思ってふたたび奮闘することでしょう。

 

ようやくパートナーが喜ぶデザインができたら、パートナーにお披露目です。

パートナーは自分では伝えられなかった要望まで叶えられてびっくり。

あとは彼氏とパートナー、デザイナーで細かいところはこうしようと一緒に確認していきます。

 

そうして出来上がったデザインをイメージ通りに作り上げていくのが、職人さんです。

職人さんは

「いまはこんな感じで作業をしています」

「ここで、この工程を踏むことでより使いやすくなっていきます」

ということを説明してくれるでしょう。

ついに出来上がった指輪はいままでよりももっとパートナーを魅力的に輝かせてくれることでしょう。

 

デザイナーさんも職人さんももちろんプロなので、期待をこえる仕事をしてくれます。

その上でどんな指輪が出来上がるかは、彼氏がどれだけパートナーのことを知っていて、熱意をもってデザイナーと職人に伝えられるかにかかっています。

 

 

もうお察しかもしれませんが、

 

全国で活躍するデザイナーはアトリエ建築家

地域のこだわり職人はR+Houseを扱う工務店

そして彼氏がそれぞれの会社の担当

 

です。

 

どんな指輪ができるかが彼氏次第だったように、どんな家ができるかは担当次第です。

 

「じゃあ、どうやってR+Houseを扱う会社を比べたらいいんですか」

 

まずはどんな家をつくっていて、それがどうしてつくられていったのかを担当にきいてみましょう。

そして、この人とだったら一緒に家づくりをしていけるという担当を選んでください。

 

「こころ舎さんはどんな家づくりをしてるんですか」

 

気になりますよね。

私たちの家づくりは住宅アドバイザーである

髙橋と宇都宮がお手伝いをさせていただいております。

高橋勇輝

こっちが髙橋で

 

こっちが宇都宮です。

 

ちなみにこの文章を書いているのは

金子です。

 

 

まずは二人と会って話して見ていただけると分かると思います。

 

その前にどんな家づくりをしているかを知りたいという方は

こちらの記事をご一読ください。

 

「心地よさの追求」

私たちの家づくりへの想いを綴らせていただいております。

 

「建築家と髙橋の家づくり」

つい最近お客様に提示させていただいたプラン。

ご満足をいただいた裏には建築家と髙橋の攻防がありました。

 

もっと当社の家づくりを知りたいという方は

・下記フォーム

・お電話 0120-83-5918

までご連絡ください。