樹の家こころ舎

スタッフブログ

20160118

髙橋 勇輝髙橋 勇輝

2017年 01月 18日 (水)

こんにちは、髙橋です。

 

 

 

 

本日は今年1回目の地鎮祭でした^^

 

 

来週にも地鎮祭が控えております。

 

 

 

皆さんは地鎮祭がどういった儀式なのかご存知ですか?

 

 

 

 

 

工事が無事に終われるように神様にお祈りをする

 

 

 

 

 

と、多くの方がイメージをお持ちですが

これは半分正解です。

しかしこれだけではないんです・・

 

 

 

 

 

八百万の神(やおよろずのかみ)という言葉を耳にしたことがあるかと思いますが

全国にはたくさんの神社があり、住んでいる地名が神社に由来していたりします。

 

 

 

 

地域によって神様が違います。

 

 

 

その神様を氏神様と呼ぶのですが

氏神様がお社でいつもわたしたちの暮らしを暖かく見守って下さっています。

 

 

 

 

 

 

 

例えばですが・・

 

 

 

 

ご自分が広大な敷地を所有しているとします。

その敷地に勝手に知らない人が家を建てたらどう思われますか?

 

 

 

 

 

えっ・・、挨拶もなくて勝手過ぎない・・。

 

 

 

 

と、思われる方も少なくはないはず。

 

 

 

 

 

 

 

 

地鎮祭は、その土地の氏神様に挨拶をして

これから行われる工事の安全と変わらぬ守護を願うお祭りになります。

 

 

 

 

 

難しいお話のようで

自分に置き換えると分かりやすいかと思います^^

 

 

 

 

 

 

なので地鎮祭とはお家を建てられるうえでとても重要な儀式になります。

 

 

 

 

 

地鎮祭という儀式がどういうものかご理解されたうえで

参加されると神主様が読まれているお言葉の意味が

少しわかってくるかもしれません(^^♪



«

»