樹の家こころ舎

スタッフブログ

モデルハウス(完成見学会)の見学のポイント

金子孝二

2019年 04月 13日 (土)

こんにちは!

住宅アドバイザーの金子です!

大学2回生、インドへ旅立つ前の出国ゲートで虫除けスプレーを没収される前に撮った写真です。

当時は無知だったので、飛行機にこうしたグッズが持ち込めないことを知りませんでした。

虫除けスプレーは使われることなく、関西国際空港に置いていかれることになります。

 

 

 

ホテルの屋上から撮った夜明け前のタージマハル。少しアツいチャイを飲みながら。

 

 

いまから9年前19歳だった私は大学の先輩と2人で11泊、インドへ旅立ちました。

入国の初っぱなからビザが発行されずつまづき、タクシーでは騙されてぼったくられ、

挙げ句の果てに赤痢になってしまい異国の地で三日間飲まず食わずで過ごすことになりました。

振り返ってみてもひどい話ですが、この経験を通して、

自分が過ごす日本という国での過ごし方が当たり前ではないんだということ。

やりたいことをやりたいうちにやっておかないと、いつ何が起こるのかわからないんだということを学びました。

その経験を活かして、好きだった先輩にアタックをしてこっぴどく振られるまでがこの話をする時のワンセットなのですが、

その話はまた今度に譲ります(「金子を変えた三人の女性」というテーマは我が社の鉄板です)。

 

 

さて、今日のテーマは「モデルハウス(完成見学会)の見学のポイント」を一緒に確認したいと思います。

 

みなさんはモデルハウスを見に行かれたことはありますか。

住宅展示場なんかに行くと色々な種類の家を効率よく見て回ることができますよね。

しかし、たくさんの家を見て回るうちにあれもいいし、これもいいと目移りしてしまいませんか。

(あるいは、どれもなんか同じように見えてきてしっくりこないなと感じることも…)

そういったときに役立つ知恵を今日はご紹介をいたします。

 

 

 

まず今日は具体的なテクニックではなく、その前提となる心構えをご紹介いたします。

まず心構えとして大事なのは、

「自分たちはどうして家がほしいと思ったのかを忘れないでいること」です。

 

「子供ができたから、ひろい空間がほしくなった」というご希望。

 

反対に

 

「子供が巣立ったから空間があまってしまった。家を小さくしたい」

 

というご希望もあるかもしれません。

 

 

このどうして家がほしいと思ったのかという気持ちをもちながら、

「では、このモデルハウス(それをつくっている住宅業者)では自分の希望を満たしてくれるのかな」

という目でみることが大事です。

 

 

これはみなさん忘れがちなポイントなんですが、家をほしいと思ったとき、

その希望の裏側には「今の住まいでは解決できない」悩みが隠されています。

 

自分が何を希望しているのか、何に悩んでいたのかを忘れないようにすること。

そしてそのモデルハウスひいてはそれをつくっている会社でそれを叶えて、解決することができるのか。

まずはその視点をもつことからはじめましょう。

 

次回は具体的に見ていくために大事なポイントを確認していきたいと思います。

お楽しみにお待ちください!

 

「後悔しないための家づくり勉強会」

日時:4月21日(日) 13:00~16:00

場所:佐伯市三余館

お申し込みは

・下記申込フォーム(メッセージに「勉強会参加希望」とご入力ください)

・お電話 0120-83-5918

までお願いします!

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

完成見学会開催中!

是非、建築家が設計した高性能な注文住宅をご体感ください。

 

なお、見学にあたって予約は不要ですが、場所が込み入った場所にあるため連絡をいただいた方に

個別に地図をお送りしております。

 

連絡先は

・臼杵事務所 住まいと夢の図書館  0120-83-5918

・現地スタッフ           080-6434-4520

・下記の申込フォーム(メッセージに「見学会参加希望」とご入力ください)

となります。



«

»