樹の家こころ舎

スタッフブログ

20190410

髙橋 勇輝

2019年 04月 10日 (水)

 

 

土地探し?土地選び?

 

 

一般的によく聞くのは

『土地探し』でしょうか。

 

 

自分たちは、

『土地選び』という言葉をよく使います。

 

 

なぜでしょうか。

 

 

 

答えはシンプルです。

 

 

土地は『探す』ものではなく『選ぶ』ものだからです。

 

 

 

選ぶ・・?

 

 

その土地に住みたいから

お家づくりをするのでしょうか。

 

土地に合わせて生活をするのでしょうか。

 

 

 

 

理想の暮らしを叶えていくために

お家づくりをする。

 

 

 

 

では、理想の暮らしが叶えられる土地を選ぶのが正しいのでは。

 

 

 

この土地に家を建てたら自分たちの理想は叶えられるのだろうか・・

 

 

それは個人で考えるのは難しいでしょう。

だから住宅会社と一緒に土地を選んでいくことを

私たちはお勧めをしております。

 

 

 

土地を選ぶ。

 

 

そんな見方が出来るようになると、

土地で悩む時間は一気に短縮されるかもしれませんね^^



後悔しないための家づくり 気密性能編

金子孝二

2019年 04月 10日 (水)

こんにちは!

住宅アドバイザーの金子です!

 

 

紅葉の名所として知られる大阪府箕面市の箕面の滝近くの売店にて

鹿肉バーガーを食べている大学時代の私です。

確か大学4回生のころではないかと思うのですが、チェックのシャツの上にニットを着て

黒いピーコートを着ていれば、シャレオツで文化レベルの高い大学生になれると信じていました。

大学の寮を住んでいたのですが、めちゃくちゃ寒かったので髪をできる限り伸ばしています。

 

 

さて、前々回から後悔しないための家づくりについてお話をしておりますが

 

後悔しないための業者さんをざっくり絞るためのお話はこちら

https://www.kokorosya.co.jp/2019/04/2279/

建てた後の後悔をなくすための業者さんの選び方第一弾はこちら

https://www.kokorosya.co.jp/2019/04/2309/

 

今回のお話は

「断熱性能がいいはずなのに、エアコンが効きにくい!」

つまり断熱性能をいかしきれていない

という落とし穴にはまらないために確認したいポイント「気密性能」について説明をさせていただきます。

 

前回は「夏は暑いし、冬寒い」という後悔をなくすためのチェックポイントとして断熱性能についてお話をさせていただきました。

昔の家は「エアコンが効いている部屋だけあたたかい、涼しい」というのが普通でしたが、

現在の家であれば「一つの階に一つエアコンがあればその階中あたたかい、涼しい」というのが可能です。

こうした家であれば快適に過ごせるだけでなく、血圧も急激な変化(最悪の場合にはヒートショックでなくなることも…)なく健康に過ごせますよね。

そしてもちろんエアコンの数が減るので光熱費もお得になります。

車の燃費が昔に比べてよくなっているように、家の省エネ性能も高くなってきています。

 

しかし、「断熱性能がいいですよ。断熱の数値は○○です!」というところまで確認しても、

もう一つのチェックポイント「気密性能」をチェックしなければ、本当に断熱に優れた家とは言えません。

 

気密性能とは家の「すきま」のことです。

当然のことながら、すきまが小さい家であるほど気密性能が高い家になります。

 

前回、断熱性能に優れた家は魔法瓶のようなものだと説明をしました。

魔法瓶のなかにはいっているものは「冷たいものは冷たいまま、温かいものは温かいまま」保つことができますよね。

断熱性能に優れた家は同じように室内の温度を一定に保つことができます。

 

では、魔法瓶のフタがずっと開いていたとしたらどうでしょうか。

もちろん中に入っているものはどんどんぬるく(あるいは冷たく)なってしまいますよね。

すきまが多い家も同じように室内の温度を外に逃がしてしまい、室温を保つことができなくなってしまいます。

本当に断熱に優れた家は「断熱性能」と同時に「気密性能」についても確認しなければなりません。

 

実は断熱性能はどういう部材をどのような厚みで使うかによって設計段階で計算を行うことができます。

ですので、断熱性能が高い家というのはいい材料を使えば(お金をかければ)簡単に作ることができます。

しかし、すきまが小さい家というのはそうはいきません。

 

気密性能も断熱性能と同じように数値で確認することができ、業者さんごとに比較することが可能です。

しかし、家のすきまを測るためには実際に一棟一棟検査をする必要があるため、すべての業者さんが行っているわけではありません。

 

魔法瓶のフタであれば自分で閉めることができますが、家のすきまはそうはいきません。

しっかりと数値で測っているところを確認したうえで、比較検討をしましょう。

 

今回までのポイントで確認できれば、家づくりの後悔のうちの大部分をなくすことができると思います。

断熱性能についても、気密性能についても比較をするための数値と基準があるのですが、

そちらはしっかりとご理解いただきたいので「後悔しないための家づくり勉強会」にて時間をとって、

お聞きいただければと思います。

 

では、また次回もお楽しみにお待ちください!

 

 

「後悔しないための家づくり勉強会」

日時:4月21日(日) 13:00~16:00

場所:佐伯市三余館

お申し込みは

・下記申込フォーム(メッセージに「勉強会参加希望」とご入力ください)

・お電話 0120-83-5918

までお願いします!

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

完成見学会開催中!

是非、建築家が設計した高性能な注文住宅をご体感ください。

 

なお、見学にあたって予約は不要ですが、場所が込み入った場所にあるため連絡をいただいた方に

個別に地図をお送りしております。

 

連絡先は

・臼杵事務所 住まいと夢の図書館  0120-83-5918

・現地スタッフ           080-6434-4520

・下記の申込フォーム(メッセージに「見学会参加希望」とご入力ください)

となります。

 



後悔しないための家づくり 断熱性能編

金子孝二

2019年 04月 09日 (火)

こんにちは!

住宅アドバイザーの金子です!

 

 

これも大学時代、友人と二人で鍋を囲む私です。

社会人になってからの一人で写った写真が少ないので、

どうしても昔の写真ばかりになってしまいます。

もし、最近の私の顔を忘れてきたなという方がいらっしゃいましたら

スタッフ紹介ページをご覧いただくと、今年1月時点での私を見ることができます。

(スタッフ紹介 https://www.kokorosya.co.jp/staff/

 

 

さて、今回のお題は前々回のブログ

「大分にいくつの住宅会社があるかご存知ですか?」(https://www.kokorosya.co.jp/2019/04/2279/)の続きになります。

前回は大分に約4,500社あるといわれる住宅業者のなかから自分にあった住宅業者を絞り込むための方法についてお話をいたしました。

今回は後悔のない家づくりを行うためにチェックが必要な目にみえないけれど大事なポイントについてお話をしたいと思います。

 

実は家づくりを行った方が抱える後悔のうち多くが、目に見えない部分になっています。

目に見えるデザインについては、みなさんよく見られるので後悔するということも少ないようですが、

目に見えない性能の部分についてはみなさんおろそかにしがちです。

その結果どういった後悔がうまれるかというと…

 

・夏はクーラーを入れている部屋以外すごく暑い

・冬はエアコンを入れている部屋以外すごく寒い

・結露がすごい

・カビがはえる

 

等々

 

また、冬場にエアコンのきいた暖かい部屋から寒いトイレやお風呂場に行くと血圧が急上昇し、心臓に大きな負担がかかり、

最悪の場合死に至るケースがあります。

これはヒートショックと呼ばれる症状なのですが、日本ではこのヒートショックで交通事故の約4倍もの方がなくなられているというデータがあります。

とても過ごしやすい我が家とは言えませんよね。

 

こうした後悔をなくすために確認を行わなくてはならないのが、住宅の「断熱性能」です。

でも、どこもかしこの住宅会社も「高断熱」をうたっていますよね。

 

今回はどうして高断熱が大事なのか、また本当に高断熱な家の見極め方のお話をしたいと思います。

 

 

まず高断熱な住宅とはどういったものかの説明を行いたいと思います。

 

高断熱な住宅とはわかりやすく説明すると魔法瓶のような住宅のことです。

魔法瓶のなかは、冷たいものはずっと冷たく、温かいものはずっと温かく保つことができますよね。

同じように高断熱な住宅であれば、夏は室内を涼しく、冬は暖かく保つことができます。

そして高断熱な住宅であれば、家の中の温度を一定に保つことができるので、ヒートショックの発生も抑えることができます。

 

次はどうしたらそういった高断熱な家を選ぶことができるかです。

 

住宅業者さんを回るなかでは

「うちの断熱材はこんなものを使っていて、新製法のここがすごいんですよ」というお話を聞くことがあります。

そういったお話はすごく興味深いですし、実際に自分の家に使われている断熱材について知っておくことは大切なポイントだと思います。

もちろん、そこの説明を押さえたうえでもう一つ聞いていただきたいポイントがあります。

それは

「断熱性能を数値であらわすといくつですか」

です。

 

家の断熱性能というとわかりにくいかもしれませんが、

実は家の断熱性能というのは車でいうと燃費性能に似ています。

これまでを車の例に直してみると

「この車はこういったエンジンを使っていて、新開発技術のこれがすごいんです」に対して

「では、燃費であらわすとどうなんですか」

という質問をしている流れになります。まったくおかしくないですよね。

ぜひ、確認をしてみてください!

 

では、その数値とは…

というお話は「後悔しないための家づくり勉強会」で詳しくお話をさせていただきます。

 

次回は「断熱の数値が高いのに、夏は暑いし冬寒い!」という落とし穴にはまらないために

チェックしておくポイント「気密性能」についてお話をしたいと思います。

 

楽しみにお待ちください。

 

 

「後悔しないための家づくり勉強会」

日時:4月21日(日) 13:00~16:00

場所:佐伯市三余館

お申し込みは

・下記申込フォーム(メッセージに「勉強会参加希望」とご入力ください)

・お電話 0120-83-5918

までお願いします!

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

完成見学会開催中!

是非、建築家が設計した高性能な注文住宅をご体感ください。

 

なお、見学にあたって予約は不要ですが、場所が込み入った場所にあるため連絡をいただいた方に

個別に地図をお送りしております。

 

連絡先は

・臼杵事務所 住まいと夢の図書館  0120-83-5918

・現地スタッフ           080-6434-4520

・下記の申込フォーム(メッセージに「見学会参加希望」とご入力ください)

となります。

 

 

 

 



«