樹の家こころ舎

スタッフブログ

「R+HouseってCMでも見ますけど、何なんですか」

金子孝二

2019年 05月 14日 (火)

「R+HouseってCMでも見ますけど、何なんですか」

 

R+Houseは私たち樹の家こころ舎も取組んでいる家づくりの仕組みのことで、

全国の建築家と連携して、断熱性や耐震性に優れた住宅をコストパフォーマンス高く建築できる家づくりのことです。

大分県内では私たちを含めて5社がこの仕組みに共鳴し、R+Houseの家づくりを行っています。

 

「じゃあ、こころ舎さんじゃなくても同じ家が建つってことですか」

 

これもよくいただくご質問ですが、恐らく全く違う家が建つと思います。

 

私たちが扱うのは「完全自由設計の注文住宅」というオーダーメイドの商品です。

ここでは同じオーダーメイドの商品の例として、

彼氏がパートナーにオーダーメイドの指輪をプレゼントするというシチュエーションを想像してみましょう。

 

彼氏は今回全国で活躍するプロのデザイナーさんにデザインを依頼。

作成は地元のこだわりの職人さんにしてもらうことにしました。

 

まずは彼氏とパートナーの二人でデザイナーさんとお話をします。

「こんなデザインがいいかな」

「でも、あんまりごちゃごちゃしてなくて」

「水にぬれてもいいやつがいいです」

すっきりと要望をすべて伝えられるかもしれませんし、

何か言い残した気がするということもあるかもしれません。

 

なかなか時間がとれないというパートナーのかわりに

彼氏は普段のパートナーの様子を思い浮かべて、

 

「いつもこんな服を着ているからこんなデザインがいいと思う」

「でも、結構大雑把なところがあるから使いやすい方がいいな」

「本当はこういうふうなデザインが似合うと思うんです」

 

そんなふうにデザイナーさんに想いを伝えていきます。

 

やりとりを終えて、できあがってきたデザイン案は期待を超えたものかもしれませんし、

これはパートナーのためのものではないと感じるかもしれません。

後者の場合、彼氏はパートナーのためを思ってふたたび奮闘することでしょう。

 

ようやくパートナーが喜ぶデザインができたら、パートナーにお披露目です。

パートナーは自分では伝えられなかった要望まで叶えられてびっくり。

あとは彼氏とパートナー、デザイナーで細かいところはこうしようと一緒に確認していきます。

 

そうして出来上がったデザインをイメージ通りに作り上げていくのが、職人さんです。

職人さんは

「いまはこんな感じで作業をしています」

「ここで、この工程を踏むことでより使いやすくなっていきます」

ということを説明してくれるでしょう。

ついに出来上がった指輪はいままでよりももっとパートナーを魅力的に輝かせてくれることでしょう。

 

デザイナーさんも職人さんももちろんプロなので、期待をこえる仕事をしてくれます。

その上でどんな指輪が出来上がるかは、彼氏がどれだけパートナーのことを知っていて、熱意をもってデザイナーと職人に伝えられるかにかかっています。

 

 

もうお察しかもしれませんが、

 

全国で活躍するデザイナーはアトリエ建築家

地域のこだわり職人はR+Houseを扱う工務店

そして彼氏がそれぞれの会社の担当

 

です。

 

どんな指輪ができるかが彼氏次第だったように、どんな家ができるかは担当次第です。

 

「じゃあ、どうやってR+Houseを扱う会社を比べたらいいんですか」

 

まずはどんな家をつくっていて、それがどうしてつくられていったのかを担当にきいてみましょう。

そして、この人とだったら一緒に家づくりをしていけるという担当を選んでください。

 

「こころ舎さんはどんな家づくりをしてるんですか」

 

気になりますよね。

私たちの家づくりは住宅アドバイザーである

髙橋と宇都宮がお手伝いをさせていただいております。

高橋勇輝

こっちが髙橋で

 

こっちが宇都宮です。

 

ちなみにこの文章を書いているのは

金子です。

 

 

まずは二人と会って話して見ていただけると分かると思います。

 

その前にどんな家づくりをしているかを知りたいという方は

こちらの記事をご一読ください。

 

「心地よさの追求」

私たちの家づくりへの想いを綴らせていただいております。

 

「建築家と髙橋の家づくり」

つい最近お客様に提示させていただいたプラン。

ご満足をいただいた裏には建築家と髙橋の攻防がありました。

 

もっと当社の家づくりを知りたいという方は

・下記フォーム

・お電話 0120-83-5918

までご連絡ください。

 

 

 

 

 



私たちのお家づくり

髙橋 勇輝

2019年 05月 13日 (月)

『想像以上に良かったです。

特に、外観、抜けて開けたリビングはGood!!』

 

 

奈良の建築家 平野先生と私とM様で始まったお家づくり

 

 

冒頭のお言葉は、

プランを見られたM様より

お打合せ後に送られてきたメッセージです。

 

箱形のシンプルな外観、明るく吹抜けたリビング。

M様が「難しいのかな…」

とお考えだったご要望にお応えすることができました。 

 

M様のようにお客様に喜んで頂くことが出来た瞬間が

私が住宅アドバイザーとして一番やりがいを感じる瞬間です。

 

 

本日は、今までお伝えすることがなかった

プランが完成するまでの裏側について書いてみたいと思います。

 

 

 

私たちと建築家の先生がお見せするプランは

建築家の先生によるヒアリングを基にご提案させて頂いております。

 

そのプランはM様のお言葉のように

お客様の想像を超えるものを形にしてご提案をさせて頂いておりますが

いくら全国で活躍している優秀な建築家の先生といえど

たった1回のヒアリングで全て理解することは出来ません。

 

 

 

初めてお会いした方のことを

数時間で理解することが難しいのは

想像できるかと思います。

 

 

 

では、どうしてM様のように『想像以上でよかったです。』と思って頂けるプランが完成するのでしょうか。

 

 

 

答えはシンプルです。

 

 

 

担当(私)が、

お客様のことをしっかりと理解して、

本当に叶えたい理想の暮らしを

お客様以上の想い、熱量で

建築家の先生にお伝えすることで

 

 

お客様×建築家×担当のお客様に対する想い=120点のプラン

 

 

 

が、完成します。

 

 

 

 

ただ、『複数いるお客様のうちの1組』 という感覚で接しているようであれば、

120点のプランをお客様にお見せすることは出来ません。

 

では、お客様自身がすべての要望をお伝えすれば、

120点のプランが完成するのでは?

 

 

 

 

という、お声が聞こえてきそうですが、

恐らく答えは『No』です。

 

 

 

 

絶対に叶えたい要望などは、

案外すぐに浮かんでくるかと思いますが、

お家を建てることで潜在的に解決させたいと思っている不満などは

なかなか言葉にして伝えることは難しいものです。

 

 

 

だから、私たち樹の家こころ舎では

初めてお会いした日からお客様も気付いていない暮らしの要望を知るために

ヒアリングを大切にしております。

 

 

樹の家こころ舎とのお家づくりがスタートしましたら

建築家の先生とのお打合せの前に当日を想定したリハーサルを

お打合せの約1か月前にさせて頂いております。

 

 

その後、建築家の先生によるヒアリングがあり

お客様へのプランのご提案までに最短で2週間です。

 

 

その間、ヒアリングから約1週間後に、

私のもとにラフプラン(完成前のプラン)が送られてきます。

 

 

 

そのラフプランをそれまでのヒアリング内容や、

出会いからのお打合せを振り返り、

本当に喜んでいただけるプランになっているのか、

叶えたい優先順位が正しく形になっているのか、

これでもかという程に細かく見ていきます。

 

 

 

 

私自身がお施主様になった目線で見ていき、

プランのなかに書かれているものについての意図や背景を

先生とディスカッションしていきます。

 

 

 

 

 

80点ぐらいのプランで、

 

『まぁこれなら喜んでいただけるだろう。』

 

 

なんてものはお出ししません。

 

 

100点、120点になるまで

先生と何度も何度も細かくやりとりをしていきます。

 

 

 

事前情報があっても、実際にお会いしてヒアリングをしても、

お施主様のことを1番理解しているのは担当の私なんです。

 

 

 

私がお施主様になったつもりで、

 

『形は箱形で、やっぱり明るく開けた空間にしたいんです。

お客様はこの空間で生活をしたいと思っているんですよ!』

 

のように建築家の先生とディスカッションをしております。

 

経験豊富な建築家が来るから、

120点のプランが出来上がるわけではありません。

  

担当次第では、

60点、70点のプランが出てくることもあり得ます。

  

お施主様の想い、建築家のスキル

 

そこに担当がどれだけ本気で、

理想を形にしていきたいかの熱量が掛け算されることで、

100点、120点となっていくのだと

私は思っています。

 

 

『髙橋さんにお会いしてよかった』

 

 

 

これからも皆さんの期待に120%お応えするお家づくりをしていきます。

 

 

 

 

まずは皆さんの夢を聞かせて頂けませんか?

 

 

 

住まいと夢の図書館でお待ちしております。



【5/19(日)「後悔しないための家づくり勉強会」@大分市ホルトホール】

金子孝二

2019年 05月 12日 (日)

こんにちは!

金子です!

写真は鉄輪にある貸間旅館の地獄釜がある空間。

この地にしかない空間に魅力を感じます。

 

 

さて、今回は5月19日(日)に大分市のホルトホールで開催される家づくり勉強会に関するお知らせです。

はじめは細々と始まったこの勉強会ですが、数えてみれば4年続く取組みとなりました。

 

この勉強会ではこれから家づくりをはじめられる方はもちろん、

他の住宅業者で家づくりをはじめられている方にもご参加をいただいております。

 

内容は以前書かせていただいた記事に譲るとして今日は私たちがこの取組みを続けてきた想いをお伝えできればと思います。

 

 

勉強会のなかでも触れていますが、約8割の方が家を建てた後に何らかの後悔を抱えているとの調査結果が出ています。

そしてのその後悔したポイントのうちのほとんどは事前に家づくりの知識を勉強するだけでクリアできることです。

大分の臼杵から注文住宅の提供を通して「心地よさの追求」を行ってきた当社としては、

これはとても悲しい数字でした。

 

 

 

そんなときに臼杵の事務所で小さくはじめたのが、この家づくり勉強会です。

代表と一対一でお話をさせていただいたこともありました。

髙橋がずっとしゃべっていたこともありました。

お世話になっている銀行でイベントを開いて、一組もお客様が来られないときもありました。

(そのときに銀行側で担当をしていたのが私、金子でした)

 

いまでは大分市や佐伯市の公共施設でたくさんの方に参加をいただけるようになり、本当にうれしい限りです。

 

一人でも多くの方に「後悔のない家づくり」をしていただきたいですし、

ご縁をいただけるのであれば、一緒に「心地よい」暮らしをつくっていけたらと考えています。

 

まずは少なくとも「後悔をしないための家づくり勉強会」にご参加をいただけると嬉しいです。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【後悔しないための家づくり勉強会】

 

日時:5/19(日) 13:00~16:00

場所:大分市 ホルトホール大分

 

以下が詳細です。

 

家を建てた方の85%が住宅購入に関して何らかの後悔を抱えています。

家づくりを始めるには、後悔しないための勉強が必要です。

 

・住宅ローンで500万円以上得する方法
・知っておきたいお得な土地の見分け方
・家の性能を下げずに3割引で住宅を取得する方法
・建てる前にわかる強い家の見分け方
・お得に建築できる最適な住宅購入時期

 

これから家づくりを考える方はもちろん、すでに始めている方にとっても充実した内容です。

是非、ご参加ください。

 

お申し込みは

・下記申込フォーム(メッセージに「勉強会参加希望」とご入力ください)

・お電話 0120-83-5918

までお待ちしております。

 

 

 

 



«