樹の家こころ舎

スタッフブログ

私たちのお家づくり

髙橋 勇輝

2019年 05月 13日 (月)

『想像以上に良かったです。

特に、外観、抜けて開けたリビングはGood!!』

 

 

奈良の建築家 平野先生と私とM様で始まったお家づくり

 

 

冒頭のお言葉は、

プランを見られたM様より

お打合せ後に送られてきたメッセージです。

 

箱形のシンプルな外観、明るく吹抜けたリビング。

M様が「難しいのかな…」

とお考えだったご要望にお応えすることができました。 

 

M様のようにお客様に喜んで頂くことが出来た瞬間が

私が住宅アドバイザーとして一番やりがいを感じる瞬間です。

 

 

本日は、今までお伝えすることがなかった

プランが完成するまでの裏側について書いてみたいと思います。

 

 

 

私たちと建築家の先生がお見せするプランは

建築家の先生によるヒアリングを基にご提案させて頂いております。

 

そのプランはM様のお言葉のように

お客様の想像を超えるものを形にしてご提案をさせて頂いておりますが

いくら全国で活躍している優秀な建築家の先生といえど

たった1回のヒアリングで全て理解することは出来ません。

 

 

 

初めてお会いした方のことを

数時間で理解することが難しいのは

想像できるかと思います。

 

 

 

では、どうしてM様のように『想像以上でよかったです。』と思って頂けるプランが完成するのでしょうか。

 

 

 

答えはシンプルです。

 

 

 

担当(私)が、

お客様のことをしっかりと理解して、

本当に叶えたい理想の暮らしを

お客様以上の想い、熱量で

建築家の先生にお伝えすることで

 

 

お客様×建築家×担当のお客様に対する想い=120点のプラン

 

 

 

が、完成します。

 

 

 

 

ただ、『複数いるお客様のうちの1組』 という感覚で接しているようであれば、

120点のプランをお客様にお見せすることは出来ません。

 

では、お客様自身がすべての要望をお伝えすれば、

120点のプランが完成するのでは?

 

 

 

 

という、お声が聞こえてきそうですが、

恐らく答えは『No』です。

 

 

 

 

絶対に叶えたい要望などは、

案外すぐに浮かんでくるかと思いますが、

お家を建てることで潜在的に解決させたいと思っている不満などは

なかなか言葉にして伝えることは難しいものです。

 

 

 

だから、私たち樹の家こころ舎では

初めてお会いした日からお客様も気付いていない暮らしの要望を知るために

ヒアリングを大切にしております。

 

 

樹の家こころ舎とのお家づくりがスタートしましたら

建築家の先生とのお打合せの前に当日を想定したリハーサルを

お打合せの約1か月前にさせて頂いております。

 

 

その後、建築家の先生によるヒアリングがあり

お客様へのプランのご提案までに最短で2週間です。

 

 

その間、ヒアリングから約1週間後に、

私のもとにラフプラン(完成前のプラン)が送られてきます。

 

 

 

そのラフプランをそれまでのヒアリング内容や、

出会いからのお打合せを振り返り、

本当に喜んでいただけるプランになっているのか、

叶えたい優先順位が正しく形になっているのか、

これでもかという程に細かく見ていきます。

 

 

 

 

私自身がお施主様になった目線で見ていき、

プランのなかに書かれているものについての意図や背景を

先生とディスカッションしていきます。

 

 

 

 

 

80点ぐらいのプランで、

 

『まぁこれなら喜んでいただけるだろう。』

 

 

なんてものはお出ししません。

 

 

100点、120点になるまで

先生と何度も何度も細かくやりとりをしていきます。

 

 

 

事前情報があっても、実際にお会いしてヒアリングをしても、

お施主様のことを1番理解しているのは担当の私なんです。

 

 

 

私がお施主様になったつもりで、

 

『形は箱形で、やっぱり明るく開けた空間にしたいんです。

お客様はこの空間で生活をしたいと思っているんですよ!』

 

のように建築家の先生とディスカッションをしております。

 

経験豊富な建築家が来るから、

120点のプランが出来上がるわけではありません。

  

担当次第では、

60点、70点のプランが出てくることもあり得ます。

  

お施主様の想い、建築家のスキル

 

そこに担当がどれだけ本気で、

理想を形にしていきたいかの熱量が掛け算されることで、

100点、120点となっていくのだと

私は思っています。

 

 

『髙橋さんにお会いしてよかった』

 

 

 

これからも皆さんの期待に120%お応えするお家づくりをしていきます。

 

 

 

 

まずは皆さんの夢を聞かせて頂けませんか?

 

 

 

住まいと夢の図書館でお待ちしております。