樹の家こころ舎

スタッフブログ

工務店

佐藤 理絵佐藤 理絵

2018年 03月 08日 (木)

設計士の彼が工務店をすると言ったときに

とても嫌でした。

テレビに出るくらいお洒落なものをつくって欲しい。

住やすさより奇抜さ。

私がピーチクパーチク言ったところで

当たり前ですが

彼の意思はとても強く

『家族が末永く健康で幸せに暮らせる家づくりをする』

設計から施工まで最後まで責任もってしなければ

自分の想いは叶わない。

ということで、工務店を始めることにしたのが

もう10年以上も前のこと。

あれから長い年月が経ち

当たり前のことを誰よりも真剣に。

凡事徹底。

そんな毎日を積み重ね

特にメディアなんかにクローズアップされるようなことは何もなく

1邸1邸のご縁を大切に

コツコツコツコツ。

気付けば、たくさんの素晴らしいお客様と仲間に囲まれていました。

あるお客様に赤ちゃんが生まれました。

あるお客様が妊娠したそうです。

あるお客様のお子様が小学生になるそうです。

出会ったときはハイハイでした。

あるお客様のお子様が中学生にあがるそうです。

出会ったときは2才でした。

我が子が初めてお友達の名前を言ったのもこの子でした。

1邸1邸のご家族とのご縁が

私たち家族を心豊かにしてくださいました。

派手な生活はなくても

心が豊か。繋がりが豊か。

選ぶ道が正解だったと旦那に感謝。

 

 

 

 



«

»