樹の家こころ舎

スタッフブログ

20160512

髙橋 勇輝髙橋 勇輝

2016年 05月 12日 (木)

こんにちは、髙橋です。

 

 

 

つい最近、ふと考えることがありました。

 

 

 

自分が入社して多くの方と出会い、お話をさせていただいていますが

本当にお客様のお役に立てているのか。

 

 

 

入社時に比べて知識や多少の経験は積めているとは思いますが

まだまだ未熟ものです。

 

 

 

 

しかし、そんな自分を訪ねて図書館へ来てくださる方や

わざわざ直接お電話をしてくださる方もいらっしゃいます。

 

 

 

 

必要としてくださっている方の期待に全力で応えていきたい。

 

 

 

お家はご家族によって様々な形があります。

この1年間でもたくさんの形を見させて頂きました。

 

 

大きい平屋のお家

 

2階建てで家族が毎日顔を合わせることの出来るお家

 

ご両親と一緒に生活するために2世帯のお家

 

 

 

 

 

全く同じ形の家でも住む方が違えば別物になり

ご家族の「住まい方」によってお家は完成されていきます。

 

 

 

 

 

建物の完成までは自分たちの役割です。

 

 

 

 

その後、お家を完成させていくのは

そこに住まれる方です。

 

 

 

とても重要なこと。

その1部分でも自分が関わらさせて頂いていることに

感謝の気持ちを忘れず日々精進していきます。



«

»